油なしフライヤー通販ショップ > 事前準備で手際よく!

検索窓

商品を探す

送料無料金額の説明

Philips(フィリップス)

Philips(フィリップス)製の油なしフライヤー情報ページです。

店長コーナー

店長からのワンポイント・アドバイスで「油なしフライヤー」での料理をより美味しく!また、店長コラムも開設しました♪

事前準備で手際よく!

ノンオイルフライヤーの準備に一工夫♪

油なしフライヤー(ノンオイルフライヤー)は、文字通り「油」を使わない揚げ物調理器具なので食用油の準備の必要がありません。揚げ物料理は手間がかかるので「今日の晩御飯は鶏から揚げ!」なんて日にはちょっと気合を入れちゃう方も少なくないはず!?パン粉を付けるトンカツ等の揚げ物の場合は油の処理も大変です。
その点、油なしフライヤーなら手間がかからないので、忙しい主婦(主夫)の皆さんにとってはすごく助かる調理器ですよね!

ここではちょっとした工夫でさらに手間なく、美味しく揚げる「事前準備」について解説します。

事前準備をすることで調理の手間が省けたり、より美味しく調理することが出来ます。準備といっても、調理前にひと工夫したり専用アイテムを用意しておくだけ。ノンオイルフライヤーをもっと便利に使うことが出来ますよ!

フライドポテト(冷凍)


◆予熱をしよう!
もちろん油なしフライヤーは通常、温度設定と時間設定だけで調理できますが、調理前に「予熱」をしてバスケットパン(製品により名称が異なります)など「内部を温めておく」と、食材加熱(揚げ、焼き等)ムラを防ぐことができ、より美味しく仕上げることができます。
見た目にもこんがり揚がるので、時間に余裕があるときは是非、予熱してみてください。おすすめです。

◆バスケットの網にお酢を塗る
もし、調理後にバスケットの網に食材がくっついてしまうようでしたら、事前に網に「お酢」を塗ってみましょう。から揚げなど、油なしフライヤーで調理すると網にくっついてしまいやすい食材の場合、刷毛などで網にお酢を塗っておくことでくっつきにくくなります。お酢、または油でもかまいません。
また、小さくカットした「オーブンペーパー」を敷き、その上に食材を乗せるのもおすすめです。一点、気を付けなければならないのが、オーブンペーパーを使用する際は熱風循環を妨げないように小さく切ってから調理をしてください。
網にくっついて形が崩れると見た目に美味しくなくなりますよね。後片付けの際も網の汚れが取りやすくなるので是非、お試しください♪

◆トングを準備
油なしフライヤーの多くの機種はバスケットの中で調理するため、食材が取り出しにくい場合があります。
そんな時のために予め耐熱性の「トング」を準備しておくと取り出しもラクラク♪
注意:調理後は食材やバスケット等がとても熱くなっている状態ですので、トングは耐熱性がある「シリコントング」がおすすめ!普通の金属製トングだと火傷のおそれがあるのでおすすめできません。
シリコントングは揚げ物をつかみやすい形をしているので、油なしフライヤーとの相性もばっちりのお料理アイテムです。シリコントングを準備しておくと絶対に便利ですよ♪


予熱の仕方
油なしフライヤー 感想・意見
後片付け方法を解説
冷凍のお肉は調理できますか?

油を用意する必要なし!便利な油なしフライヤーが売れてます!!


【祖母の体験談】ご高齢の方へおすすめの調理器
気付いてほしい油分の多い食生活
ノンフライヤー レシピ

▲このページの上に戻る   油なしフライヤー通販ショップ  トップページへ

お買い上げ金額の合計が税込み8000円以上で送料無料です!

インフォメーション

▲このページの上に戻る   油なしフライヤー通販ショップ  トップページへ