検索窓

商品を探す

送料無料金額の説明
Philips(フィリップス)
Philips(フィリップス)製の油なしフライヤー情報ページです。

店長コーナー
店長からのワンポイント・アドバイスで「油なしフライヤー」での料理をより美味しく!また、店長コラムも開設しました♪

食材の詰め込み過ぎはダメ!

油なしフライヤーにはある程度隙間を空けて食材を入れましょう。「食材の詰め込み過ぎ」はよくありません。熱風で調理する油なしフライヤーは空気の通り道がないと上手に加熱できませんので注意が必要です。

Philips(フィリップス)ノンフライヤーの写真で揚げたてのフライドポテトが入っているイメージ画像がありますが、あくまで揚げたてイメージの写真ですのでポテト等の食材をギュウギュウに詰め込んではいけません。

Philips(フィリップス)ノンフライヤー HD9299/48

↑あくまで出来上がりのイメージ写真です

フライドポテトを調理する際は、まとまりやすい食材ですので適度に隙間ができるようバスケットに入れるとムラなく美味しく揚がります。

ちなみにNUCノンフライ・エアーオーブン(NU-100) のような自動回転グリル網が付いているタイプの油なしフライヤーなら網が回転することでムラなくこんがり揚げることが出来て便利ですよ!

NUCノンフライ・エアーオーブン(NU-100)

↑NUCノンフライ・エアーオーブン(NU-100)

熱と空気で食材を一気に加熱する「油なしフライヤー」は空気の通り道を作るのが美味しく揚げるコツです。詰め込みすぎず、適度な隙間を作りながらバスケットに入れましょう。
量を作る場合は、数回に分けて調理することがおすすめですよ♪


【油なしフライヤー お役立ち情報まとめページ】
ヘルシーな野菜フリットが作れる♪
油なしフライヤー 機能・性能の比較表
音やにおいはどうなの?

詰め込みすぎず美味しく調理!油なしフライヤー各種


気付いてほしい油分の多い食生活
クリスマスの料理は油なしフライヤーで!
朝から油なしフライヤーでから揚げ♪
お年寄りの方におすすめ

▲このページの上に戻る   油なしフライヤー

お買い上げ金額の合計が税込み8000円以上で送料無料です!

インフォメーション

▲このページの上に戻る   油なしフライヤー